高校留学で自分にとって有利な進路を選ぼう

subpage01

高校生はまだ子供と見なされる年齢ですが、頭が柔らかいだけに吸収力の高さがあり、海外へ留学するメリットが大きい時期です。
高校留学は、大学留学と並んでメジャーな選択肢になっており、自分の将来のチャンスを増やすために海外進出を選ぶ方が少なくありません。日本における高校留学は、海外交流が盛んな私立学校などの交換留学か、全額自費による個人的な留学のどちらかが目立ちます。


国と学校のランクによって難易度とサポート体制が違っているので、高校留学について十分な事前調査が必要です。

高校留学に関する企業の一覧です。

まだ日本と海外のどちらを選ぶのか決めかねている方でも、これから進学と就職をする高校生であれば、ひとまず海外体験をするだけでも将来の人生の選択において大きな助けとなります。



高校生の留学においては、さすがに1人で手続きから行わせるのは現実的ではなく、保護者が高校留学に詳しい仲介業者を利用して手はずを整えるのが一般的です。



海外の学校は、日本以上にランク差が激しいので、とにかく海外の学校に行ってみたいのか、それとも、本気で現地の学校を卒業して学歴をつけたいのかで全く方向性が変わってきます。

多感な時期に海外で1人で暮らすのは大変ですが、これから人生の本番を迎える年齢だから、周囲から良い刺激を受けやすく、学費と生活費を支払うだけの価値がある選択です。


本人の強い意志が大切だから、保護者だけで一方的に進めるのではなく、きちんと家族全員で話し合いながら進めなくてはいけません。