高校留学でオーストラリアに留学する

subpage01

高校留学をする際にまず決めることが滞在する国だと考えられます。
まず高校留学で人気のある国として挙げることが出来るのがオーストラリアです。



オーストラリアは日本の約20倍の面積を持つ国で移民の多い国だけに色々な人種の人々が助け合いながら生活をすることが出来ます。
誰にでも暖かく接してもらうことが出来るので始めて留学をする人が多い高校留学でも不安なく勉強をすることが可能です。また留学生が多くいることから様々な充実した受け入れ体制があることや留学生の学習ニーズを的確につかんだ質の高い教育制度が魅力の1つです。


さらにオーストラリアでは中等教育前期までが義務教育で後期になると大学や専門学校への進学を考えた勉強になります。



自分の行きたい大学や専門学校に必要な科目を選択していきます。


学校自体は1月末から始まり12月中旬に終了する4学期制で、異文化体験が目的の場合は1月、4、月、7月、10月と基本的にはどの学期からでも入学することが可能です。



卒業目的の場合は基本的には新学期からの入学となり1月末から入学することになります。
もしも中学を卒業後に高校留学をする場合には中等教育後期からの入学になり、授業科目は普通の高校と変わらず英語、数学、地理、歴史、科学、体育、音楽など日本と同様の科目を受ける他、日本の農業や商業、工業高校にあるような専門的な授業を受けることもあります。
自分が学びたいことが一体何なのかをしっかりと理解してから受講するようにしましょう。