高校留学の2つの方法について

subpage01

高校留学には大きく分けて2つの方法があり、まず一つ目に挙げられるのが国際交流を目的とする「交換留学」です。

利便性を重視したボーディングスクールの人気を今すぐチェックしよう。

交換留学は日本の高校生がアメリカの家庭で1年間ホームステイをして国際交流を目的としており公立高校に通うことが一般的となっています。
交換留学の特徴は日本の高校にお金を払いながら海外に交換留学をするので別途費用はかからないことです。



交換留学の目的はアメリカの高校生と共に学校生活を送りながら日本とアメリカの架け橋となることです。

留学期間は10ヶ月と限られており、海外の高校を卒業することは出来ません。


しかし10ヶ月の留学でお互いの異文化理解を深めていったり、日常会話レベルの英語力を取得することが可能です。

また交換留学の場合は日本で通っている高校が連携している学校になるので自分で自由に選択出来るわけではありません。続いての高校留学の方法として卒業を目的とするディプロマ留学が挙げられ、アメリカの高校を卒業することを目的にしています。
ディプロマとは卒業証書のことを意味しており、日本の中学校を卒業してからアメリカの高校に10年生から入学をして3年後に卒業をするのが一般的だと言われています。


海外の高校卒業を目的とする場合は留学先は私立高校になり通学制のデイスクールと寮制のボーディングスクールがあります。

このように高校留学には異なる2つの方法があるので、自分のニーズに合わせてどちらを選ぶのか決定しましょう。